【開催案内】令和5年1月21日(土)13:30〜戸塚元雄氏 講演会「五つの小住宅」1950 年代の建築家の仕事から

2022年11月09日

支所事業のお知らせです。この講演会に関する最新情報は当ページで公開いたします。


講演会「五つの小住宅」1950 年代の建築家の仕事から

主催:日本建築学会四国支部香川支所

日時:2023年1月21日(土)13:30〜(13:00開場)

講師:戸塚元雄氏

会場:香川大学創造工学部(香川県高松市林町2217-20)3301講義室(3号館3階)

内容: 戸塚元雄氏による講演と意見交換。


パンデミックは住宅のあり方に疑問を投げかけている。

社会が大きく変わろうとしているときに建築家はどう応えてきたのだろうか。

1950年代は日本が敗戦後の混乱と貧困からようやく立ち直ろうとしていた時期に当たる。

まだお金も資材も乏しかった時代に、若い建築家たちが何を考え、何をしようとしていたか。

当時設計された小住宅の平面や写真を見ながら、

そこに現れた彼らの仕事の目的と方法を探り、その意味を考える。

<取り上げる五つの住宅>

斎藤助教授の家(1952年)設計・清家 清

コアのあるH 氏の住まい(1953年)設計・増沢 洵

立体最小限住宅(1950年)設計・池辺 陽

試作小住宅(1953年)設計・白井晟一

栗の木のある家(1956年)設計・生田 勉


定員:100名程度、申込不要(当日先着順)

参加費:無料

問合せ先:yysk★niji.or.jp(大西泰弘)(★を@に変更ください)

主催:一般社団法人日本建築学会四国支部香川支所